実践課程

概要

応用課程の修了生は実践課程の履修をすることができます。この課程ではデータサイエンスに関連する広い分野において、先進的な研究を行うサポートをします。ここでは既存技術の実世界への応用にとどまらず、学生が新たな手法や新たな視点を創成することによりデータサイエンス分野の未知の可能性を開拓することを目指します。申請者の研究成果が一定の水準を超えていると認定された場合、実践課程の修了証が発行されます。

領域知識創成実践プロジェクトではデータサイエンスに関連する幅広いテーマの研究を認めています。例としては、「ビッグデータの円滑利用を促すコンピューティング技術などコンピュータサイエンス系の研究」、「大規模ネットワークデータに関する数理など数学系の研究」、「本プログラムで学んだ知識を活かし社会科学など他分野で今まで分析されてこなかったデータを分析し傑出した成果を挙げる応用研究」などがこれにあたります。詳細はお問合せ下さい。

問い合わせする

過去のプロジェクト

掲載内容を準備しております。今しばらくお待ちください。