企業の皆様へ

概要

本教育プログラムが目指す高度に訓練されたデータ解析人材の養成には産業界との連携が必要不可欠です。そのため東京大学データサイエンティスト養成講座ではデータサイエンス実践演習に協力していただける企業を募集しています。ビジネスや研究開発の現場で使用しているデータの一部を提供していただき、東京大学の大学院生に解析させてみませんか?

演習の詳細な実施体制についてはお気軽にお問い合わせください。担当者から折り返し連絡させていただきます。

問い合わせする

演習講義の内容

演習講義は半期 13回程度で実施し、春・秋学期両方で開かれます。原則として1グループあたり1つのデータを分析し、教員と(可能であれば)企業の担当者様のフィードバックを受けながら本プログラムで学んだ知識を活かし、社会的に価値のあるデータ分析や技術開発を行います。成果に関しましては最終発表会とは別にレポートを提出させていただきます。初回や中間・最終発表の際に学生と直接議論することも歓迎します。

演習講義の内容を見る