概要と修了証

概要と修了証

領域知識創成教育プログラム(東京大学データサイエンスティスト養成講座)は 東京大学大学院情報理工学系研究科が主体の教育プログラムです。所定講義の履 修(基礎課程・応用課程)や研究を遂行することで(実践課程)大学から正式に3段階の修了証が授与されます。

日々変化する社会の中でデータサイエンスを通じて安定して価値を創成するには単に統計学や機械学習を表層的に応用するだけでは限界があります。本プログラムではデータサイエンスの根幹を支える数理的手法や情報処理技術を学ぶ基礎課程、ビジネス課題解決能力を養成する応用課程、先進的なデータサイエンスの研究を遂行する実践課程の3課程を通じて大規模データから社会的価値の高い知識を引き出す手法を広く学んでいきます。

履修登録の仕方を見る

データサイエンスを支える基礎力

この課程ではデータサイエンスに関連する広い分野において、先進的な研究を行うサポートをします。ここでは既存技術の実世界への応用にとどまらず、学生が新たな手法や新たな視点を創成することによりデータサイエンス分野の未知の可能性を開拓することを目指します。

基礎課程の詳細を見る

ビジネス課題解決から培う応用力

この課程ではビジネスの現場から提供されたデータを学生がグループワーク形式で分析します。ここでは問題の発見や分析法の提案から実際の分析、そして企業へのフィード バックまで、1人前のデータサイエンティストが社会で求められるであろう技術を広く深く学ぶことができます。

応用課程の詳細を見る

データサイエンスの最先端へ

この課程ではデータサイエンスに関連する広い分野において、先進的な研究を行うサポートをします。ここでは既存技術の実世界への応用にとどまらず、学生が新たな手法や新たな視点を創成することによりデータサイエンス分野の未知の可能性を開拓することを目指します。

実践課程の詳細を見る